leave the life 50

よく聞く言葉、疑問に感じる事を記事にしています。リーブ ザ ライフ ご~まる

*

プロペシアとミノキシジルの違い|発毛効果が高いのはどっち?

      2016/05/19

あなたはプロペシアとミノキシジルのどちらが発毛効果が高いと思いますか?

現在もっとも発毛効果が高いとされるのは、

”プロペシア””ミノキシジル”

と言って良いでしょう。

”どっちがよく毛が生えるの?”

と聞きたくなるかも知れませんが、答えはそう単純ではありません。

その理由は後ほどお教えしますねッ!

薄毛に悩む人達へ。

時代はもう育毛ではなく発毛ですよ!

 

スポンサーリンク

 

プロペシアとミノキシジルを比較!発毛効果が高いのは?

 

プロペシアとミノキシジルで発毛効果が高いのは?

結論から先に言っちゃいますね!

”発毛”効果と言うのであれば、

完全に「ミノキシジル」の効果が高いと言えるでしょう。

 

そもそもこの2つの薬はそれぞれ担う役目が違います。

どちらか1つを飲み続けてもそれぞれの効果が望めるのですが、

両方使用することで、”毛が生える”確率がかなり高くなってきます。

 

マイナスを抑えて元の環境に戻ろうとする力は

「プロペシア」

現状にプラスの力を与え、今より良い状態に変化させるのが

「ミノキシジル」

 

・・・私が初めて「ミノキシジル」を知ったのは20年前のこと。・・・

職場の会議報告で、

「アメリカではミノキシジルを使用することで(当時は外用薬)、発毛した症例があるそうです。」

といった話を聞き、その時は驚きより

”嘘だろッ・・・”

と言った気持ちのほうが大きかったのを覚えています。

私はそれらに関連した企業に務めている者。

20年前です。毛が生えるなんて嘘としか思えませんでした。

 

でも今は断言できますね!

毛を生やすことはできます!

それも2~3ヶ月で。

いくつも聞いた話と、使用した人達がかなり”毛が生えている”実例を目の当たりにしているのですから。

 

プロペシアとミノキシジルの違い

 

プロペシアとは?

 

プロペシアは発毛効果が高いと言われる薬です。

”飲む発毛剤”として世界で初めての薬でしょう。

”塗る”のでは無く”飲む”育毛剤がなぜできたのか?

プロペシアが登場した経緯をご紹介しますね!

 

今では広く知られているプロペシアは、医薬品である「フィナステリド」の商品名です。

フィナステリドとは前立腺肥大の治療薬で、1992年にアメリカのFDA(食品医薬品局)が認可した薬。

治療中の患者が使用する過程で育毛効果が認められることから、その後、育毛剤として研究されるようになりました。

もともと前立腺肥大の治療薬だったのが、副作用から”発毛効果がある”として発見されたのですね。

 

日本で厚生労働省に認可されたのは2005年。

そこから商品名「プロペシア」として販売されています。

 

プロペシアと同じ効果をもつ医薬品は、現在は幾つかの名前で販売されているので注意!

薬の元となる「フィナステリド」

ジェネリック医薬品の「フィンペシア」

そして「プロペシア」

 

これらは同じ効果を持つ医薬品であることを覚えておきましょう。

 

ミノキシジルとは?

 

ミノキシジルは発毛効果が高いと言われる薬です。

”塗る発毛剤”として効果とその歴史は意外と古いのです。

ミノキシジルが登場した経緯をご紹介しますね!

 

今では広く知られているミノキシジルは、

高血圧の治療薬で血管拡張剤として用いられていた経口薬でした。

スポンサーリンク

使用する過程で多毛症になる患者が多いことから、”髪を生やす”効果があるとして注目されたのです。

初めて市場で発売されたのは1980年代のこと。

発売したのはアメリカのアップジョン社(現在のファイザー)で、脱毛症の治療用として「RogaineR」を発売。

世界初の発毛剤の登場です。

 

この時は2%の(塗る薬)での発売でした。

経口薬(飲む薬)で使われていた医薬品が、外用溶液(塗る薬)で発売された理由は、

副作用の心配からだと言われています。

 

本では1999年に大正製薬が開発し「リアップ」として発売されましたが、コレは1%。

海外では2~5%の「ロゲイン」が販売されていましたから、かなりボリューム不足ではありました。

 

現在では外用溶液(塗る薬)以外でも、より効果の高いタブレット(飲む薬)が販売されているのでどちらを選択するかですね!

 

プロペシアとミノキシジル 2つの医薬品の特徴はまるで違う

 

毛が生える2つの育毛剤。

プロペシアとミノキシジルの特徴は全く違います。

では、毛を生やす”発毛効果”が高いのは・・・どっち?

 

☑プロペシアの狙い

男性型脱毛症(AGA)は、男性ホルモンであるテストステロンが5αリダクターゼという酵素によりヒドロテストステロン(DHT)に変化し、ヘアサイクルを乱すことによって抜け毛が起こります。

その男性ホルモンを制御する力がプロペシア(フィナステリド)にはあり、抜け毛を抑えるのです。

つまり、「フィナステリド」は、あくまでも”抜け毛を抑える”のであって”毛を生やす”ワケではないのです。

 

☑ミノキシジルの狙い

ミノキシジルは使用すると血管が拡張し、毛が増えるといった症状が起こります。

ミノキシジルには”毛を生やす”効果があります。

でもそれは髪だけにとどまらないのですが・・・。

 

このことからも分かる”発毛効果”が高い医薬品。

発毛効果が高いのはどっちか?

と考えたら、それはミノキシジルと言えるでしょう。

 

しかし、大切なのは「守り」と「攻め」です。

プロペシアが「守り」の役目をしてくれて、

ミノキシジルが「攻め」の役目をしてくれる。

 

この2つの医薬品を一緒に使うのが、毛を生やす為にはとても大切なことだと言えるでしょう。

 

副作用の心配

 

プロペシアとミノキシジル。

それぞれ使用するにあたって、多くの方は薬による副作用を心配しています。

髪の毛のために体調を悪くしてしまっては・・・。

 

プロペシアの副作用として、

胃部不快感、性欲減退・男性機能の低下(勃起不全)、肝機能障害があげられます。

ミノキシジルの副作用としては、

低血圧、めまい、多毛症、倦怠感などがあげられます。

 

どちらも確率的にはかなり低いのですが、もしものことを考えるとうかつに手を出せないのでしょう。

とくに男性機能の低下(勃起不全)には、敏感に反応してしまいますよね。

しかしです、専門のクリニックを利用することで安心して使用できるのでは?

インターネットで個人購入するのは自己責任ですよ!

 

まとめ

 

プロペシアとミノキシジルのどちらがより毛が生えるのか?

発毛効果が高いのは?

その答えはミノキシジルでした。

しかし、より効果を確実にしたいのであれば2つとも飲みましょう。

ただ、続けないともとに戻ってしまうので中々大変ですよね。

スポンサーリンク

 - 健康・医学, 美容・ダイエット, 違い・比較

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

頓服とは熱に効く薬?内服薬との違いは?

頓服(とんぷく)薬ってお医者さんでもらいますけど 「どんな薬か本当は良くわからな …

冷や汗と脂汗の違い!原因は?あなたがかいているのはどっち?

  運動をしているとき以外にかく汗は、何か違ったものを感じます。 自分 …

男の眉毛の整え方!形が分かって道具があれば自分でもきる!

太くて濃い眉毛は今の男性にとってどうにかしたいコンプレックス。 それが男らしいと …

足に合わない靴を履いていません?サイズ違いは体調不良の原因かも!

  あなたは自分の足に合っていない靴を履いていませんか? 自分では合っ …

七夕の短冊や笹飾りはどっちにするの?笹と竹の違いを調べてみた!

  七夕には短冊に書いた願い事を”笹の葉”に吊るし笹飾りをします。 「 …

鋼と鉄では何が違うの?硬さや強度を比べてみました!

鋼(ハガネ)と鉄(テツ)ではどっちが硬いのでしょう? 強度があるのはどっち? ス …

白髪が食べ物で治るとしたら?可能性が高いのはどれ?

何歳であっても白髪の存在は気になるものです。 若ければ周りと違う自分を。 歳をと …

薬局のレシートは捨てないで!医療費控除が受けられるかも!

  薬局(ドラッグストア)で買った薬が減税の対象になるって聞いたことあ …

雨の日に頭痛が起きやすい理由|スッキリさせる効果的な方法!

朝、目覚めても、中々布団から起き上がる事ができません。 前日の仕事の疲れ?昨日の …

サランラップやクレラップなど4種類の違いを検証!使いやすいのは?

  ”サランラップ買ってきて!” 他の種類を使っていてもそうお願いする …