leave the life 50

よく聞く言葉、疑問に感じる事を記事にしています。リーブ ザ ライフ ご~まる

*

セルフメディケーション税制とは?薬局のレシートは捨てないで!

   

 

薬局(ドラッグストア)で買った薬が減税の対象になるって聞いたことありませんか?

そうです。2017年1月1日からスタートした

「セルフメディケーション税制」

薬局(ドラッグストア)で買った薬でも確定申告をすればお金が返ってくるのです。

それにはレシートが必要になるので絶対に捨てないで下さい!

 

でも始まったばかりなので、どういった内容なのかよく分かりませんよね。

そんなあなたにお教えします。

セルフメディケーション税制がどういったものなのかを。

・セルフメディケーションとは?

・セルフメディケーション税制とは?

・今までの医療費控除との違い

・控除の対象となる医薬品って?

・こんな場合は適用できない!

・具体的に幾ら返ってくるの?

得する話なので是非とも知っておきたいものです。

 

Sponsored Link


 

セルフメディケーションとは?

 

本題に入る前に、「セルフメディケーション」って何のこと?って思いませんか。

知らなくて当然、ふつう聞かない言葉ですよね。

セルフメディケーションとは、WHO:世界保険機構によると、

”自分自身の健康に責任を持ち、軽度な身体の不調は自分で手当をすること”

と定義しています。

 

”自分自身の健康に責任を持ち”とは、日頃から健康に気を遣い、定期的に健康診断やがん検診などを受けて健康管理をすること。

”軽度な身体の不調は自分で手当をすること”とは、自分で治せるものは自分で治す。

軽い鼻風邪ならお医者さんに行って薬をもらわずに、薬局(ドラッグストア)に行って市販薬を買って飲み、栄養を摂ってしっかり睡眠をとれってことですね。

 

セルフメディケーション税制とは?

 

セルフメディケーションとは自分の健康を自分で管理し手当することです。

それでは「セルフメディケーション税制」とはどういった制度なんでしょうか?

まず、この税制の”目的”と、これにより”私たちが得すること”を見ていきますね。

 

【目的】

セルフメディケーションを推進することで軽度な身体の不調で医者掛かりしないようにしてもらい、

増え続ける医療費を削減していくのが目的です。

 

【私たちが得すること】

今までに無かった「医療費控除」を受けることができます。

今までは医療機関を利用した場合(医療費10万円超)に受けられた医療費控除でしたが、

これからはお医者さんに行かずとも、薬局(ドラッグストア)で市販薬を購入した場合でも医療費控除が受けられるようになったのです。

しかし、その場合は一定の条件があります。

・対象の医薬品に限られる・・・2016年12月16日現在では1,555品目。

・年間で12,000円超の購入から適用・・・12,000では適用されません。申告者の扶養家族分を含む上限金額8万8,000円が対象。

・領収書ないしレシートが必要・・・必要5項目が記載されていなければなりなせん。項目は下記で説明します。

・平成29年(2017年)1月1日以降の購入分から適用。

 

これらの条件を満たせば確定申告で医療費控除が受けられるのですね。

 

今までの医療費控除との違い

 

従来の医療費控除は年間に自分と扶養家族の医療費の合計額が10万円超えから控除されていました。

10万円を超えない時は対象外だったので関係ないやで終わっていたことでしょう。

しかし今回の「セルフメディケーション税制」では、対象の医薬品を年間で12,000円超購入していれば控除の対象となるのです。

お医者さんに10万円超える程かかる事はそんなに無いと思いますが、薬を12,000円超えならけっこう対象となる方は多いのでは?

 

控除の対象となる医薬品って?

 

控除の対象となる医薬品には箱に

Sponsored Link


2017y01m12d_195601851

(出典画像:http://takeda-kenko.jp/)

と目印となるマークがついているので薬局で購入する際は確認して見て下さい。

それ以外は控除の対象外となります。

(マークが無くても対象となる医薬品はあるそうですが、その時はレシートに表記されるでしょう。)

 

どんな医薬品なの?

今回のセルフメディケーション税制で控除の対象となる医薬品は、「スイッチOTC医薬品」と呼ばれるもの。

OTCとはOver The Counterの略で、「処方箋なしで買える薬」のこと。

その中でも、もともと処方箋が必要だった医薬品が処方箋なしに転用(スイッチ)されたものが今回の対象医薬品となっているそうです。

 

 

こんな場合は適用できない!レシートは捨てないで!

 

セルフメディケーション税制を利用して控除を受けようと思ってもこんな場合は適用されません。

事前に知っておきましょう。

特にレシートを捨てちゃう人は気を付けて下さいね!

 

・従来の医療費控除との併用ができない!

今回のセルフメディケーション税制は特例としての扱いなので、従来の医療費控除が受けられない場合にのみ適用されます。

・健康診断などをちゃんと受けてる?

健康診断、がん検診、メタボ検診など、自分自身の健康に責任を持つ一定の取り組みをしていることが必要。

証明できる領収書や結果通知などは保管しておきましょう。

・レシートには必要5項目が記載されているか?

必要5項目とは、①商品名②金額③セルフメディケーション税制対象商品である旨の記載④販売店名⑤購入日

レシートにこれらの記載が必須なのですが、心配しなくても今後はドラッグストアのレシートにはこれらの明記はされているはずです。

 

当然ですが、所得税や住民税をちゃんと収めていなくてはなりません。収めていなければこれも無理ですよ!

 

具体的に幾ら返ってくるの?

 

実際にセルフメディケーション税制を利用して確定申告をしたとします。

具体的に幾ら返ってくるのかって分かりにくいですよね。

ここで年収400万円の方をモデルにシュミレーションしてみたいと思います。

(330万円超え~695万円以下は所得税率が20%、住民税は10%)

 

〈対象となる医薬品を年間で3万円購入〉

・所得税は幾ら返ってくるか

3万円(購入分)-1万2千円×0.2(20%)=3,600円

・住民税は幾ら返ってくるか

3万円-1万2千円×0.1(10%)=1,800円

返ってくるお金(減税額)は2つを足して5,400円となります。

 

薬を年間で3万円購入するのってけっこうありそうですよね。

しっかりレシートをとっておいて条件を満たせばこの場合は5,400円が返ってきます。

 

まとめ

 

扶養家族を含めて薬局(ドラッグストア)で年間10万、20万と薬を買う人には大きいですよね。

しかし、対象となる医薬品が決まっていますし、

そこまでいけばいくらなんでもお医者さんに行っているはず。

 

ほとんどの人は数千円から1万円くらいの減税となるのでしょうが、

それでも貰えるものは貰っておきましょう。

と言うか、返してもらえるものは返してもらいましょう。

 

従来の医療費控除との併用ができなかったり

健康診断などの証明できる領収書や結果通知も必要だったり

薬局(ドラッグストア)のレシートが必要だったり

面倒に感じるかも知れませんが・・・。

 

「セルフメディケーション税制とは?」

とにかくコレ大切!

薬局(ドラッグストア)のレシートは捨てないでッ!!!

Sponsored Link


 - 健康・医学

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

異常な胃酸で鼻から胃カメラを決断!口より痛かった!

結構突然ですよね。 胃が”ギュッ”と掴まれたようにキリキリした重たい痛み。 しば …

てんかんの発作で起こる事故!側頭葉てんかんは自覚症状がない!

「てんかん」の発作が原因で多くの事故が起きています。 これらの事故から2014年 …

カフェイン中毒とはどんな症状?危険な摂取量とは?

徹夜の仕事や勉強など、私達は疲れた時や眠気を覚ましたい時にカフェインの入った飲み …

インフルエンザにかかったら?家族感染を防ぐ方法!

インフルエンザにかかってしまったら、治療に専念するとともに「家族感染」を防ぐこと …

溶連菌が大人に感染!症状は子供のようなイチゴ舌に?

まず、聞いたことがありませんでした。 「溶連菌感染症」 たまたま知人の子供が感染 …

尿一滴で簡単に癌検診!その秘密は虫って知ってた?

  朗報ですね! あなたの苦手なつら~い癌検診も今後は”尿(おしっこ) …

AGA治療の費用|プロペシア・ミノキシジルをは何処で入手する?

少しでも抜け毛を抑えるために、昔であればシャンプーや育毛剤で抵抗をするところです …

視力が3.0になるレンズが登場!他の回復方法比べるとどう違う?

Sponsored Link 普通、視力1.0もあれば生活に何の支障もなく暮らし …

冷や汗と脂汗の違い!原因は?あなたがかいているのはどっち?

  運動をしているとき以外にかく汗は、何か違ったものを感じます。 自分 …

インフルエンザの予防接種を受ける時期は?一番良いのはいつ?

冬も近づいてくると、用心しなければならないのはインフルエンザ対策です。 手洗い、 …