leave the life 50

よく聞く言葉、疑問に感じる事を記事にしています。リーブ ザ ライフ ご~まる

*

麦茶の作り方で砂糖を入れるのは有り?子供を思うお母さんの味

      2015/05/19

083946

麦茶に砂糖!!? コレを聞いて「考えられない!」と言う人と、

「美味しかった」と言う人がいますが、貴方はどちら派でしょうか?

私の実家では砂糖を入れた麦茶を飲んでいました。

子供の頃、覚えている味。美味しかった・・・。

でも今は、砂糖は入れずにそのままで飲んでいます。

砂糖を入れる、砂糖を入れない。それにはそれで”理由”があります。

Sponsored Link


 

麦茶に砂糖を入れるとどんな味?

 

夏になると手軽な飲み物として「麦茶」が重宝されます。

水出し用のパックをポンと入れて冷蔵庫に冷やしておくだけで、夏場の乾いた喉を癒してくれるのがありがたい。

コンビニ弁当とお茶の組み合わせがメジャーな様に、味噌汁が無いときの食卓には麦茶が代わりをしてくれたりもします。

当然、その時はそのまま麦茶の味です。

ƒvƒŠƒ“ƒg
しかし、麦茶に砂糖を入れる飲み方があるのをご存知でしょうか?

時代や地方によって、そして家庭によって様々ですが、麦茶に砂糖を入れるとどんな味になるのか?

それは、紅茶に砂糖、コーヒーに砂糖と同類で、麦茶に砂糖といった味。

ではありますが、条件として昔ながらの”煮出した”麦茶に限定とも言えるでしょう。

 

麦茶に砂糖を入れる地域

 

ここで注目したいのは、麦茶に砂糖を入れるのは個々の好みなのか?地域性なのか?

麦茶に砂糖を入れて作るのに地域性があるのか調べてみました。

東京では40~50年前に、麦茶に砂糖を入れて飲む家庭がかなり存在していたそうです。

その後は減少しましたが、一般的なことだったのです。

その他、神奈川、茨城、埼玉など、関東圏の家庭で多く、東日本にかけては普通のことだったと言えます。(もちろん家庭によっては様々です)

 

驚くのは海外にもその習慣があったことで、イタリアでは麦茶を濃く煮出して砂糖をたっぷり入れて飲むことがあるそうです。

台湾では普通に甘い麦茶が売っています。緑茶も無糖と加糖両方売っているのだとか。

Sponsored Link


 

麦茶に砂糖を入れていた理由

 

昔の麦茶は今と違って”煎った麦”を煮出して作っていました。

煮出した麦茶は濃くもあり、苦味もあったので、子供達には少々飲みにくいもの。

そんな麦茶を子供達に飲みやすくするための工夫として、砂糖を溶かして冷蔵庫で冷やしていたのです。

 

〈お母さんが我が子のために〉

今と違って色んなジュースを簡単に買える時代ではありませんでした。

近くにコンビニや自動販売機などはありません。

ジュースを買うためには離れた商店まで行かなければならないのです。

何日かもたせられる2リットルのペットボトルもありません。
愛する子供に”甘い飲み物”を飲ませたい。

そんな気持ちが”麦茶に砂糖”にはあったのです。

子供を思うお母さんの味。

045417

 

麦茶の作り方色々

 

麦茶のノーマルな作り方は、水出ししたまま冷やしておくことです。

さっぱりした飲みくちで、喉の渇きを癒してくれる一番の飲み方。

そして、砂糖を入れる地域が多いことは前述しました。

こうなると他にも変わった作り方があるのか興味が湧いてきます。

 

〈砂糖と言えば塩〉

京都では、暑い夏、うだるような夏に、麦茶には塩を入れるそうです。

水分補給に加えて塩分補給するのが目的。

他にもこんな地域は有りそうですね。

〈コーヒー牛乳に変身〉

麦茶に砂糖と牛乳を入れると、コーヒー牛乳になります。

これは濃い麦茶で作るのがポイント。

煮出した麦茶じゃないと無理そうです。

 

まとめ

 

麦茶に砂糖を入れていて地域、家庭の人達でも、大人になってからはそのままの麦茶を飲む人がほとんどのようです。

それは昔の様な煮出して作る麦茶ではなく、現在は水出しの”パック”麦茶に変わっているからです。

水出し式はマイルドで薄い味となっているので、砂糖や塩など入れては麦茶の味が消えてしまいます。

現在の麦茶はそのままが一番美味しくつくられているのです。
麦茶を作る時に色々考えていたのは、現在の水出しや、ペットボトルで売られている完成された味ではなく、そのままでは苦味があった麦茶をどうやって飲みやすくするのか?

そんな工夫から考えられた庶民の味、お母さんの味が

「麦茶に砂糖」だったのですね。

 

Sponsored Link


 - 暮らし・生活

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

回転寿司での正解は?注文する?流れている皿を取る?

  今や寿司といえば「回転寿司」が主流。 始まりは一皿100円だったも …

車中泊で旅行!道の駅や高速のパーキングを利用する方法

見知らぬ土地で違った環境、旅行って本当に良いものです。 旅館やホテル、貸し別荘や …

抜け毛が減るシャンプーの仕方はマッサージシャンプーが効果的!

シャンプーの仕方で抜け毛が減るのを皆さん知っていますか? Sponsored L …

年賀状の余り・書き損じは捨てないで!交換・換金の方法

  皆さんは年賀状を送るとき、どれくらい余裕の枚数を考えて購入していま …

ネクタイの色の意味!印象が変わる使い分けと色彩心理学

ネクタイの色でその人の印象はまったく変わって見えるものです。 そんなネクタイの色 …

格安ツアーバス利用は危険?問題なし?貴方は利用しますか?

格安ツアーバスを利用するのは、事故のニュースからも危険な印象を持っている人が多い …

電車が遅れて遅刻!遅延証明書のもらい方と対応は?

  朝、駅に着くと”呆然”としますよね。 「電車が来ない!」 それもい …

台風の目は何故出来る?目の中では風や雨が止み晴れるのは何故?

Sponsored Link 勢力の強い台風は、中心部に「台風の目」ができます。 …

新幹線で忘れ物!問い合わせと受け取り方の注意点!

  新幹線で忘れ物! ”スマホを忘れた!””財布を忘れた!””お土産を …

温湿布と冷湿布の違い!症状で使い分けるのが正解?

肩こり、腰痛、筋肉痛・・・。 医者にかかるほどでも無い痛みの時は、「湿布」を貼っ …