leave the life 50

よく聞く言葉、疑問に感じる事を記事にしています。リーブ ザ ライフ ご~まる

*

お年玉の相場はいくら?高校生には気をつかいます!

      2015/12/26

お正月がやって来れば気をつかうのがお年玉。

自分の子供には”ごめんねッ!”で済ませますが、親戚の子供達にはちゃんと考えて渡さなければなりません。

そんな中でも気をつかわせるのは高校生。

まだ子供ではありますが、学校帰りや友達との付き合いなどでそれなりにお金をつかう年代です。

それなりの金額でなければ本人は”ショック!”を受け悲しいい気分にさせてしまうでしょう。

独身か既婚か?子供がいるのかいないのか?

あなたの現状によっても微妙に変わるのが「お年玉の相場」。

Sponsored Link


 

高校生にはお年玉をいくらあげる?

 

親からの仕送りがありながらも、大学生ともなればアルバイトをやっていてそれなりに自立しています。

そんな印象から、一万円も渡せば”このくらいで良いでしょう”と思えますよね。

しかし、子供と大人の中間にある高校生にはどんな対応をしたら良いのか?

一番気をつかう所です。

 

高校生へのお年玉 世間の相場

 

高校生に渡す「お年玉」。世間の相場はこんな感じです。

¥5,000~¥10,000

これってかなりの幅がありますよね。

それだけみんな高校生に渡す「お年玉」には苦悩をしていると言えるでしょう。

 

渡す側の立場や状況

 

渡す側の立場や状況によっても金額の開きがあります。

独身のおじさんが甥や姪にカッコをつけて渡すお年玉と、既婚のおじさんがキツイ生活の中から渡すお年玉とでは、それなりに重さが違います。

渡す側・もらう側、お互いに子供を持っているとそれなりに調整も必要となってきますし・・・。

 

お互い子供を持っている場合は、事前に連絡を取り合って「相場」を決めておくことが多いようです。

”行って来い”の世界なので、自分が子供に渡しているのと同じことですよね。

 

年齢別お年玉の相場金額

 

高校生に渡すお年玉の相場は¥5,000~¥10,000。

Sponsored Link


ここで年齢別のお年玉の相場金額を見てみましょう。

幼稚園以下・・・1,000円以下
小学校低学年・・1,000~3,000円
小学校高学年・・2,000~5,000円
中学生・・・・・5,000~10,000円
高校生・・・・・5,000~10,000円
大学生・・・・・10,000円

 

高校生に限らず、中学生からすでにお年玉の金額を皆さん迷っているようです。

小学校高学年でいくら渡していたのか?

それがその後の苦悩となっているのかな・・・。
よく聞く計算式で、年齢×500円がお年玉の相場として使われるので、それが基準であると思うと楽になりますね!

 

お年玉の由来と現在

 

現在のお年玉は、子供達がお正月にもらうお小遣いですが、もともと由来は何なんでしょう?

昔はお金じゃなくて、食べ物だったとか・・・。
古くから神様にお供えしたのがお餅。

新年を迎えるにあたって、その年の「年神様」にはお餅をお供えしていました。

お餅には年神様の「魂」が宿っていると言われていたからです。

 

江戸時代には無病息災を願って、神様にお供えしたお餅を食べるのが新年の風習でした。

しだいに色んな”物やお金”を目下の人達に配るようになってきて、現在では子供達にお小遣いを渡すのが一般的とされています。

 

お年玉の「年」は「年神様」の「年」

お年玉の「玉」は「魂=玉」

 

年神様の魂が宿っている「お餅」を新年に頂くことが「お年玉」の始まりであり由来であります。

 

まとめ

 

神様の魂から現在のお小遣いまで。

歴史や風習は長い時間をかけて様変わりしていきます。

「お餅」にしても「お金」にしても”お裾分け”が元々のお年玉と言えるでしょう。
そして現在。

微妙な年齢の高校生には、ほんの気持ちか?ぼちぼち格好がつく金額か?

迷うよりは”談合”をしたほうが余計な気を使わなくて済みそうです。

Sponsored Link


 - 年末年始, 文化, 暮らし・生活

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

寺泊魚市場がおススメ!鮮魚センター年末年始の営業時間と混雑は?

  美味しいカニをお探しですか? 年末年始のご馳走に美味しいカニは欠か …

肩こりの解消方法!枕の選び方でもかなり違いますよ!

肩こりの原因は”筋肉の疲れ”からくるものと言われています。 それは肩の使いすぎに …

ネクタイの色の意味!印象が変わる使い分けと色彩心理学

ネクタイの色でその人の印象はまったく変わって見えるものです。 そんなネクタイの色 …

履歴書に書く職歴は重要!でもアルバイトってマズいのか?

履歴書で職歴を書く時にアルバイトの経験をどう扱ったら良いのか困っていませんか? …

新潟白山神社で初詣!混雑を避けて参拝する方法とおすすめの駐車場は?

  我が家は毎年新潟市にある白山神社で初詣をします。 毎年17万人の参 …

白髪が食べ物で治るとしたら?可能性が高いのはどれ?

何歳であっても白髪の存在は気になるものです。 若ければ周りと違う自分を。 歳をと …

レターパックの使い方!ライト・プラスの違いと送るときの注意点!

ちょっとした荷物や大切な書類を送る時にどうしていますか? Sponsored L …

銀杏の食べ過ぎには注意?美味しいけど中毒症状が気になる人へ!

銀杏って美味しいですよね~。 Sponsored Link ビールや日本酒にホン …

1000円カットの評判!安い床屋は下手なの?答えは違います!

  今はもうあちこちで見かける1000円カットのお店。 これだけメジャ …

「二年参り」は地域の方言?初詣以外の年末・年始お参りの仕方は?

一般的だと思っていた言葉が実は一般的ではなかった。住んでいる地域の方言だったなん …