leave the life 50

よく聞く言葉、疑問に感じる事を記事にしています。リーブ ザ ライフ ご~まる

*

日射病と熱中症と熱射病の違い!かかったら危険なのはどれ?

      2016/09/15

「日射病・熱中症・熱射病」

猛暑が続く近年ではよく聞く言葉なのですが、

似ている言葉で実際は”どう違うのかが分からない?”

そんな方が多いのではないでしょうか。

症状で違うと予想出来てもそれはいったいどんな症状?

かかったら危険なのはどれ?

日射病と熱中症と熱射病の違い。

もしかしたら同じかもしれませんよ!

 

 

日射病と熱中症と熱射病の違いとは

 

日射病と熱中症と熱射病 これらの違いは何なのか?

ひとつずつ取り上げて見てみましょう。

あなたの想像と違った答えが待っているかもです・・・。

 

日射病とは?

 

直射日光が原因となって体温調節ができなくなるのが「日射病」です。

”日射”という漢字から想像できていましたか?

62a0069a0520907105829d2b8cf45e28_s

日射病にかからないためには、夏の強い日差しのもとで長時間作業したり運動する時は注意しなければなりません。

海水浴に行っても注意です。

肌を焼き過ぎると日焼けで皮膚は熱を持ち乾燥して汗が出なくなり

汗が出なければ上昇した体温を下げることができません。

たまには日陰で休んだり水分補給を心掛けてください。

症状・・・高熱、頭痛、吐き気、目まい など

 

熱射病とは?

 

高温多湿の環境に長時間いることで体温調節ができなくなるのが「熱射病」です。

大量の汗をかいて水分や塩分が著しく不足し、体温が異常に高くなり意識もうろうとなります。

猛暑が続いている時は、高温多湿の室内などの作業は要注意!

こまめな水分補給と休息を取らなければなりません。

 

猛暑日に気を付けるべきはこの熱射病です。

 

症状・・・意識障害、運動傷害、けいれん など

 

熱中症とは?

 

高い気温が原因で起こる体の障害を総称して「熱中症」といいます。

先ほど説明した「日射病」や「熱射病」は「熱中症」の症例のうちの1つ。

世間でいちばん耳にするのは、きっとこの「熱中症」だと思いますが・・・。

 

これらのことから3つの違いは分かりましたね。

 

日射病と熱射病と熱中症の違いとは、

・日射病は直射日光が大きな原因

・熱射病は高温多湿が大きな原因

・熱中症はどちらも含む総称

であると言うことです。

 

では、この日射病熱射病

どちらにかかると危険なのでしょうか?

毎年熱中症で救急車に運ばれるニュースを見るので気になりますよね。

 

熱中症の分類|危険度・症状・対処法

 

熱中症は熱疲労熱けいれん熱失神(日射病)熱射病の4つに分類されています。

日射病はここでは熱失神とされているようです。

近年ではもはや日射病と言う言葉は死語となってきているのですね。

 

そしてそれぞれの症状で区別しやすいように

危険度(重症度)でI度・II度・III度の段階に分けてあります。

軽度が〇〇、重度が〇〇としないと区別に苦しむからでしょう。

混乱しないようにある程度の線引がされているのです。

 

では、熱中症の分類がどのようにされているのか?

危険度(重症度)・症状・対処法で見てみましょう。

 

【重症度 I度】

・症状
めまい、立ちくらみ、こむら返り、手足のしびれなど

・対処法
涼しい場所へ移動し安静にして水分を補給する

※医療機関への受診・・・必要は無し

熱疲労がこれにあたります。

 

【重症度 II度】

・症状
頭痛、吐き気、体がだるく力が入らない、集中力や判断力の低下

・対処法
涼しい場所へ移動し、安静にしたうえで体を冷やす。十分な水分と塩分を補給

※医療機関への受診・・・飲めない場合や症状の改善が見られない場合は受診が必要

熱けいれん熱失神がこれにあたります。

 

【重症度 III度】

・症状
意識障害(呼びかけに対し反応や会話がおかしい)、けいれん、運動障害(普段通りに歩けない)

・対処法
涼しい場所へ移動し、安静にしたうえで保冷剤などで体を冷やす。

※ためらうことなく救急車を呼ぶ

熱射病がこれにあたります。

 

とにかく熱射病は命に関わる場合が多いので迷わずに救急車を呼ぶべき。

高熱を出してもうろうとしてたら様子を見るべきではありません。

熱射病は命に関わる危険な状態にあります。

 

熱失神(日射病)と熱射病のどちらが危険かはもう分かりましたよね。

 

熱射病にならないためには、長時間高温多湿の場所にいることは避け、こまめに水分塩分を補給するこを心掛けましょう。

そして、日頃から対策をしていると安心ですよね。

日頃の対策はこちらを参考に。

熱中症対策の飲み物はコレ!効果的な飲み方や温度もご紹介!

そしてこんなグッズも用意しておいたら安心。

熱中症対策おすすめグッズ|効果とアイデアで選んだランキング!

 

まとめ

 

熱中症は人間の体温調節と深い関係があります。

温度や湿度に気をつけるとともに日頃からの水分・塩分補給も重要。

 

日射病と熱中症と熱射病の違いを知ることは大切ですが、

とにかく熱射病にならないように。

皆さんもこの夏、気をつけて下さい!

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

炭酸が強い炭酸水ランキング!飲み比べた結果は?細かさも違う!

  「弱いのはダメ!キリッとしてなきゃ!」 炭酸水ならやっぱり強炭酸の …

【父の日】で最も検索されているプレゼントは?ランキングでご紹介!

  父の日のプレゼントでお悩みですか? お父さんへの贈り物って難しいで …

新幹線の切符の買い方!知らないと損する激安チケットがあった!

  新幹線の格安チケットで「最強!!」 ライバルが増えるとチケットGe …

美味しいスイカの見分け方教えます!冷やす温度も甘さに関係!

スイカはツルを切り、収穫された時点で成長は止まるそうです。 他のフルーツに良くあ …

マイナンバーカードの写真のサイズは4×3?間違いは厳禁ですよっ!

マイナンバーカード(個人番号カード)を申請するには写真(顔写真)が必要となります …

台風警報と注意報の違い!規模や発令のタイミングは?

  台風が発生すると、日本列島に接近するまでに”どのくらいの大きさなの …

足に合わない靴を履いていません?サイズ違いは体調不良の原因かも!

  あなたは自分の足に合っていない靴を履いていませんか? 自分では合っ …

インフルエンザ予防接種の効果!午前中に受けるのが今後の主流?

  インフルエンザの予防接種を受ける時に皆さんが気をつけるのは、 11 …

乾燥野菜の作り方!ドライフードメーカー購入体験記!

旬の野菜は安く手に入りますが、食べれないほど買い貯めしては腐らせてしまうだけ。 …

一人暮らしの冷蔵庫ランキング!ワイドな冷凍室で4万円以下は?

  一人暮らしを始めるにあたって冷蔵庫を探しているあなた。 私がおすす …