leave the life 50

よく聞く言葉、疑問に感じる事を記事にしています。リーブ ザ ライフ ご~まる

*

肩こりの解消方法!枕の選び方でもかなり違いますよ!

      2015/12/24

肩こりの原因は”筋肉の疲れ”からくるものと言われています。

それは肩の使いすぎに限らず、眼精疲労からくるもの・首の疲れからくるもの・姿勢が悪くて負担が掛かるなど、色々な負担が影響して肩の筋肉を疲れさせているのです。

他にも頚椎が悪いことからおきる肩こりもありますが、頚椎を悪くするのは、何かしらの事故で痛める以外は姿勢が影響しているようです。

これらのことからも、肩こりを解消するには負担をかけないことが重要と言えますよね!

07bfb06d377c575bc8b12bfd77a13794_s

そして、負担をかけない為には普段の姿勢などに気をつけながらも、大切なのは「枕」の存在。

疲れをとるには睡眠は重要。その睡眠をサポートするのに大切なのは「枕」です。

首や肩に負担をかけない物を選びましょう。

 

硬いの・柔らかいの・高いの・低いの・大きいのetc・・・

肩こりを解消する枕の選び方とは?

次のような枕を選べば今までとは違って楽~になりますよ!

スポンサーリンク

 

肩こりに良くない枕・良い枕

人は疲れをとるために睡眠をします。

そして枕は睡眠時に首、肩の疲れをとるための重要なアイテム。

枕が合わなくては疲れがとれるどころか逆に痛めてしまうことにもなりかねません。

それほど重要な枕。いったいどうやって選べば良いんでしょう。

62f666768cd9358a79a9ebe3aa6d2b18_s

 

【柔らかい枕はダメ?】

柔らかい枕、特に柔らかすぎる枕は敬遠しましょう。

柔らかいため頭が沈み、首・肩の筋肉に負担をかけてしまいます。

頭も安定しないので疲れを取ることができません。

【硬い枕はダメ?】

硬い枕、硬すぎる枕は敬遠しましょう。

硬すぎると頭や首の付け根が不安定で支えられていない状態で睡眠していることになります。

筋肉の疲れがとれずに肩にも影響が及びます。

【高い枕はダメ?】

高い枕、高過ぎる枕は敬遠しましょう。

高い枕は頭が無理な角度になることで、首や肩の血行を悪くしてしまいます。

スポンサーリンク

軌道が狭くなり、呼吸が苦しくなったりいびきの原因にもなるので注意。

【低い枕はダメ?】

低い枕、低すぎる枕は敬遠しましょう。

低い枕は顎が上がってしまうので、首や肩の筋肉が緊張してしまいます。

睡眠をとっているのに筋肉を緊張させてしまっては疲れがとれません。

 

これらのことに注意しながら枕を選べば大丈夫!

しかし、ダメ枕は分かっても良い枕の程度が分からない・・・。

人によっても違ってくる、良い枕の選び方の基準は?

 

いったいどんな枕が良い枕?

柔らかくても、硬くても、高くても、低くてもいけない枕。

じゃあいったいどんな枕だったら良いの?

 

【枕の高さ】

枕の高さは首にあたる部分がだいたい2.5~5センチが理想的です。

その高さは体型によって変わってきます。

体型別の目安
・細身の人の場合・・・・2.5~3cm
・標準の人の場合・・・・3~4cm
・体格が良い人の場合・・4~5cm

寝ているときの体勢が直立したときと同じように、頭・首・背骨がまっすぐになっていると首や肩への負担が少なくなるそうです。

【枕の硬さ】

まくらの高さは数値で表せるので分かります。しかし、硬さに関しては数値では表すことができません。

ですから”こんな素材であれば理想的”と思って下さい。

枕の硬い柔らかいは、中素材によって決まります。

・硬い枕・・・・そばがら、パイプ
・柔らかい枕・・ビーズ、綿、羽毛、低反発ウレタン

硬くなく、柔らかくなくが理想的な枕であるのならば、

変形しにくい製法で作られた”ビーズ”の枕か、”少し固めの低反発ウレタン”素材の枕が当てはまるのでは。

実際高さと違って、硬さの基準・選び方って難しい・・・。

【枕の大きさ】

高さ・硬さで理想的な枕が見つかったとしても、一つ注意しておきたいのは大きさです。

多くの人は一晩で20回以上の寝返りを繰り返しているそうです。

この寝返りに対応できる大きさの枕が必要となりますよね。

それを考えると横幅は肩幅以上のものが必要。

縦は肩が触るくらいの40~50cmくらいが理想的です。

 

私は肩こりに悩まされています。

枕にも気をつけたいと思っていますが、中々この条件に合った枕に出会うことがありません。

本当に突き詰めるのであればオーダーメイドするしかないのかな?

 

 

まとめ

肩こりはとうぜん枕だけで解消できるものではありません。

姿勢に気をつけたり、首の運動をすることで大きな改善ができます。

ただ、疲れをとるはずの睡眠で疲れがとれないのは問題です。

「何となく気持ちいいから」

で選んでいても結構間違っている枕選び。

肩こりを解消するためにも、なるべく理想に近い「枕」を探してみては?

スポンサーリンク

 - 健康・医学, 暮らし・生活

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

新幹線の切符の買い方!知らないと損する激安チケットがあった!

  新幹線の格安チケットで「最強!!」 ライバルが増えるとチケットGe …

足に合わない靴を履いていません?サイズ違いは体調不良の原因かも!

  あなたは自分の足に合っていない靴を履いていませんか? 自分では合っ …

未開封の牛乳の賞味期限って?中国留学の娘から聞いて驚いた話!

賞味期限が切れた牛乳って飲める? これは中国に留学していた娘から聞いたのですが、 …

床屋での注文の仕方!希望の長さやスタイルを伝えるには?

床屋に行って自分が思ったよりも短くカットされた事って良くありますよね。 周りの人 …

ネクタイの色の意味!印象が変わる使い分けと色彩心理学

ネクタイの色でその人の印象はまったく変わって見えるものです。 そんなネクタイの色 …

新潟県は何地方?はっきりしない理由とその答えは?

時と場合によって地方分けが変わる 新潟県。 あなたは新潟県を何地方だと認識してい …

履歴書に書く職歴は重要!でもアルバイトってマズいのか?

履歴書で職歴を書く時にアルバイトの経験をどう扱ったら良いのか困っていませんか? …

手汗を止める方法|薬を飲む・塗る・手術!自分に効果的な3択は?

  手汗の量がハンパなくて毎日々悩んでいるあなた。 手汗を止める方法で …

静電気と身体の疲れ|着ている服で恐怖は変わる!

身体が疲れたから静電気が起きるのか、静電気が溜まったから身体が疲れるのか? 静電 …

車のアイドリングで消費する燃費って?他にも影響することは?

最近はアイドリングストップ機能が搭載された車がほとんどで、燃費に対しての意識が高 …